ハワイ旅行の思い出 食事編

michels_meal

前回、前々回からハワイ旅行に行った時のことを
つらつらと書き綴っています。

1回目は、ホテル ロイヤルハワイアンについて
2回目は、海やビーチについて

そして3回目の今回は、ご飯について書いておきます。

 
スポンサードリンク
 

マイタイバー

ホテルの回でも紹介しましたが、
ロイヤルハワイアンの中にあるビーチバーです。

店員さんは基本的に英語ですが、かるーく日本語も理解してくれます。
指で差しながら数を伝えれば注文を受け付けてくれます。

ただビーチバーとはいえ、ここは落ち着いた雰囲気のお店ですので
日本の居酒屋のように叫んで店員さんを呼ぶのはマナー違反かもしれません。(笑)

ここで食べて美味しかったのは、前々回にも紹介した通り
ナチョス+チリソース&サワークリーム
ビーンたっぷりのピリ辛チリがおいしいです!

Maitai_nachos

ウルフギャング

日本にもある、ステーキのお店です。
私たちはハッピーアワー(11:30 – 18:30)に行ったので比較的リーズナブルでしたが
普通にディナーをすると、一人10,000円はしちゃう様子。

ここもマイタイバー同様、日本語が達者な方はいませんでした。
ただ日本人客も多いので、指差し&軽めの英語で十分コミュニケーションは取れます。

日本のウルフギャングは行ったことがありませんが、
期待していた通りアメリカサイズのステーキが楽しめます!!
あと、前菜にシーフードサラダが付いてきます。
これもまた美味しいです。

wolfgang_seafoodsalad

ビッグサイズのドライエイジビーフに、
マッシュポテトとほうれん草の付け合わせが付きます。

そのまま食べても、絡めて食べてもどっちもおいしいです!

(写真が食べかけチックなのは、ウェイターさんがすぐに取り分けて下さったから。笑)

wolfgang_steak

ミシェルズ コロニーサーフ

地元の方が、お祝いに利用するような高級感溢れる
フレンチのレストランです。

ここはドレスコードがあります。
短パン+ビーチサンダルでは入れませんが、
アロハシャツでしたらハワイの正装ですので、OKです。
あと、地元っぽいご年配の方がスニーカーでいらしていたので、それもOKのようですね。

ただシャツ+チノパン+靴 くらいにしておいたほうが無難かと。
(チキンな私は現地で一式揃えました笑)

ここは日本語がほぼ通じません。
軽くでもレストランで使う言葉を調べてから
行くと安心かもしれません。(笑)

ハワイは本当にお肉がおいしいですね。
ここでもお肉を頂きました。

michels_meal

食事もおいしいですが、このレストランの売りは席から望めるビーチですかね。
前回紹介したワイキキの夕日は、このレストランの席から撮った写真です。

waikiki_sunset

アロハテーブル

ロイヤルハワイアン通りの路地にあるお店です。
ハワイ在住の日本人に勧めてもらって行ってみました。

ここは、リーズナブルでおいしい!

個人的な感想ですが、
ここが一番日本人の口に合う料理を提供してくれます。

帰国後調べてみたら、姉妹店が日本にいくつも出店されているようですね。

ここは日本人の店員さんがいるので、
100%日本語で会話できます。

トマトとルッコラのパスタとガーリックシュリンプを注文しました。
トマトパスタは、トマトの甘味と酸味でさっぱりした味で
ガーリックシュリンプは安定の味!!
これが一番美味しかったかもしれません。(笑)

alohatable_tomatopasta

alohatable_garlicshrimp

これらがそれぞれ10$程度と、
ワイキキにしては非常にお財布に優しいお店です。

おまけ
昼食付きのツアーに2つ申込みましたが、
いずれもご飯はビュッフェスタイルの食べ放題でした。

コーラルキングダム

おすすめはフリフリチキン、とのことですが、
圧倒的に牛すじ煮込みがおいしかったです。(笑)

coralkingdom_lunch

クアロア牧場

こっちはカレーが振舞われていました。
ハワイのカレーもおいしいです。(笑)
クアロア牧場には、日本のガイドさんも働かれているので、
もしかしたら、日本人寄りに食事が作られているのかもしれませんね。

kuaroa_lunch

総じて

よく海外旅行は食事が心配、とたまに耳にしますが、
ハワイは注文も味も全く問題ありません。

ワイキキあたりなら、レストランは日本人で溢れていますし
安心して、食事ができますね^^

 
スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする