私にとっての”金持ち父さん”、”ユダヤ人大富豪”が現れた?!

cfc4d425879b24ddd8c14945e1294e06_m

今回は、私自身の備忘録です。

不思議なご縁が重なり、同い年なのに数々の成功をして来た方とお話する機会をいただきました。

彼は現在、2つの会社を経営(もう一社を持っていたけども、引退した)、株式・為替・店舗への投資を行うことで日本の平均年収の10倍以上は利益を得ています。
またセーフハウスと呼ぶような家をいくつか所有し、愛車はロールスロイスです。

そう、「こんなヤツいるのかよ」と思うような絵に描いたような富豪です。(笑)

そんな彼と出会ったのは、知り合いが知り合いを呼んで集まった懇親会、といった感じの会合でした。
知り合いの彼氏さんという形で出席されていたのですが、会合後に同い年ということで別で飲みに行くことになりました。

そこで話してもらった内容や、彼の考え方は、数ある自己啓発本を読むよりもよっぽどためになる(気がする)ので、私なりに思ったことを残しておこうと思います。

 
スポンサードリンク
 

素早く始めて、素早く終えるということ
上に書いたように、彼はいくつかの会社を立ち上げて成功を収めています。
ただし、彼は今の形を目指してそうなったわけではない、ということを話していたのが印象的でした。
というのは、今まさにビジネスになるものを始めて、利益を得たところで終えるということを繰り返しているとのこと。

今持っているビジネスをどうやって守るか、ではなく常に新しいものを探し、積極的に(本当に積極的に)それを取り入れることを考えているようでした。

日本を含め、世界の経済が今後どうなっていくかはわからない。
なので、今世間に受け入れられるものをとにかく素早くやることが大事なんだ、ということを話してくれたのだと、私は理解しました。

仕事を仕事と思わない、もしくは趣味を趣味と思わないこと
また、たくさんの会社を経営している彼ですが、趣味は”ビジネス”とのこと。
見たり聞いたりしたものを、どうしたらお金が回るか、人に受け入れられるかといったビジネスモデルを組むのが好きなのだ、と。

彼は仕事と趣味を分けないようです。
よく「メリハリを付けろ」、「ONOFFは分けたほうがいい」と言いますが、本当に成功したいのであれば、もしかするとそれすらも凌駕して、すべてが遊びになるのかもしれません。

楽しいことを突き詰めること
とにかく楽しいことをやり続けた結果、いまがあると話していました。
上で書いたように、好きなことがビジネスですから、たしかにその通りなのかもしれません。

また彼は遊び方も豪快です。
例えば大阪の知り合いに呼ばれたからと21時の新幹線に乗り、朝まで飲むと始発で帰ってくるなどといったことは度々あるのだそう。(笑)
恐ろしいまでの行動力と楽しさの追求です。

「いつ寝ているのか」と聞いても
「人と会う予定がありすぎて、ほとんど寝れてないねー」とのこと(笑)

私なんかは0時には布団に入らなければ次の日が眠くて眠くて嫌になりますが、この意欲の強さも成功の要因な気がしました。

誰に対しても分け隔て無くあたること
冒頭で触れたように、彼の年収は私の10倍や20倍は下りません。
さらに人脈、経験値と日本人のレールを渡り続けてきた私とは全く比較になりません。
にも関わらず、そんな私に対しても礼儀正しく、普通の友人として接してくれます。
(こっちは、同い年だし利害関係もないのに恐縮しまくり…笑)

自分の身は自分で守ること
出会った成功者は、経済や政治にも明るい人です。
非常に知識があり、自分の考えをもち、常にポジティブな彼も日本経済は大いに不安に思っています。

国の借金が収入を大幅に超えていることは私でも知っていることですが、それを補うために物価が上がり続ける。
今後、経済が立ち回らなくなる可能性が十分に高いとのこと。

そうしたときに、今の勤務先が自分を本当に守ってくれるのかわかりません。
企業が人を守る時代はとうに終わり、自分で自分を守らなければならない時代になるから、キャッシュポイントはいくつも持っておく必要がある助言を頂きました。

私が「具体的にどうしたら?」と聞くと
彼は「一番良いなんてものは、無い。そのときと君にあったものを探すしかない」と答えました。

うーん、凡人にはアドバイスなのか突き放されているのかすら判断できない答えでした。(笑)

それでも私なりに思ったことは、アンテナを張り巡らせておくことが大事だということです。
上に書いたことも含めてですが、出会ったビジネスチャンスを決して逃してはならないということかと。
そして、万が一何かを手にしたとしても、その1つに固執せず、絶えず新たなチャンスを探し続けることが成功につながる方法なのかと思いました。

忘れないうちに書きなぐった感がありますが、以上が私の備忘録です。
彼という存在との出会いは、下手な自己啓発本よりよっぽど私に教えてくれることがありそうです。
(タイトルのように、私の”金持ち父さん””ユダヤ人大富豪”になるかも笑)

また何を成功と呼ぶかをあえて定義せずに書いていますが、もしどなたかにとっても、この記事でハッと気づく何かを提供できていれば幸いです。

また、再度会う機会もあるかと思いますのでまた彼の話が聞けたなら、それも書いていきます。

 
スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする