妻を喜ばす

98f7e37b1566908475830c69d6b600e7_m
私には、結婚して2年が迎えた妻がいます。
結婚してから大きなケンカもなく、日々楽しくやっています。しかし、一方で恋人として付き合っていた頃のように、プレゼントやサプライズなどで妻を喜ばせるということをあまりしなくなってしまいました。

このままでも十分悪くはないが、何かちょっとした行動でさらに良い関係に変えられないものだろうか。

ということで、とりあえず思いつくことをやってみて、妻の感触を検証してみました。

 
スポンサードリンク
 

効果:

妻も仕事(パート)をしていますので、朝ごはんの食器はもちろん、下手したら前日の夜ご飯の食器までがシンクにたまります。(恥ずかしい限りです・・・)

いつも手の空いた方がやるということで、特にルールを決めているわけではありませんでしたので、手始めに1週間ばかり率先して皿洗いをしてみました。

結果は・・・

妻「ああ…、今日も洗ってくれたんだ。ありがとう」

うーん。。。笑

感謝の言葉は頂きましたが、今ひとつといったところ。

でもまぁ、こんなもんですよね。

考えてみたら、皿洗いなんてどちらかが必ずやらなきゃいけないわけで。
しかも、上記のとおり、通常であってもほぼ半々でどちらかが洗ってるわけで。

我が家にしたら、特段珍しいことでもないし、生活に寄り過ぎました。(笑)
もう最近は、男が家事をやることは当たり前な時代ですので、この程度では誰も喜んでくれないようです。
家事をして喜ばれるなんて、超亭主関白制を強いていないと難しい様子。

ただ若干ですが雰囲気は良くなります。
妻の時間が少し空きますので、「忙しい!時間がない!」などの小言はほんの少し減りました。(笑)

効果:

その日はある記念日だったため、うちの妻の好きなガーベラを含めた花束を3000円ほどで購入し、帰宅。

結果は・・・

妻「なになに!?これどうしたの??」
ふむ。なかなか良い食いつきだ。

私「やー、たまにはね」
ちらっ

妻「この花好きー」

わかって買ってんだよバカヤロー☆

妻も女性ですので、花の効果は抜群です!

ただ、毎回やるには恥ずかしいですね。(笑)
経済的にも厳しいです。

改めてですが、何かの記念やお祝いなんかには必須項目のようでした。

効果:

男性の方々は同感してくれる方多いと信じていますが、まぁ女性の買い物は長いです!!
ひとつのお店に何分もいて、何軒もお店を回った挙句、最初のお店に戻って購入などなど。
いつもなら次第にしんどそうな顔になる私を見かねて、文句を言われながら撤退するところですが、今回はとことんまで付き合ってみました。

しかも、非常に前向きな態度と、荷物全持ちのサービスまでつけてトライです!!

結果は・・・

妻「あー疲れた。でも、もうちょっと回りたかったなー」

えぇぇ 嘘でしょ・・・?

お昼12時から始めて、お茶休憩を挟んで終わったのが18時半。
文句も言わず、重くなる一方の荷物を抱え、必殺の理「ねえ、これどっちがいい?」を何度も浴びせられてきたのに。。。

どうやら、女性(妻)からしたら買い物なんて付き合ってくれて当たり前、荷物持って当たり前なのかもしれません。

買い物に付き合ったくらいで機嫌が取れるなんて、完全に私の勘違いだったようです。

効果:

我が家は駅から自転車で10分程度のところにあります。
特に治安の悪い場所ではないですが、夜は人がまばらになり、かなり静かになります。

ということで妻が飲み会帰りの時に、駅まで迎えに行ってみました。
(車を持っていないため、私も自転車でお迎えです。笑)

結果は・・・

妻「来てくれてありがとー!」
妻「お菓子でも買ってく??」

はい、きました!
これはかなり機嫌が良いです!!

やはり夜は不安が多いようで、遅いときはこうして迎えに来てくれると安心するとのこと。
さらに迎えに行くとは伝えていなかったので、若干のサプライズ感が加味されたようです。

普段は、節約だイエットだとお菓子など絶対に買ってくれない妻ですので、これは非常に効果が高いということがわかりました。

私の好物である”湖池屋ポテトチップス のり塩味”を買ってもらいました。(笑)

ということで、まずは思いつきのまま4つほど試してみました。

まだまだ想像の域を出ませんが、お金をかければいいというものではなく、彼女が何に困っているかを考えるといいかもしれません。
かといって、それは自分の感覚だけで考えると痛い目をみます。(私の買い物談のように。。。)

また何か思いついたら、その都度妻で検証してみます。

 
スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする