釣りを楽しむ

b53f1683be0cffdf08fce62e461efe88_s

以前の記事「新しいことを始める」で、新しいことを始めるときは友人の趣味に便乗するのがいいんじゃないかと書きました。

先日の休日は、友人について回り「釣り」に挑戦してきました!
総論としては、下記でご紹介する釣りは手軽でたくさん釣れるので非常に楽しいのでおすすめです!!

 
スポンサードリンク
 

場所は千葉県市原市の海釣り公園という場所で、この時期イワシを中心にいろいろな魚が釣れるということで行ってみました。
ここの良いポイントは竿はレンタル、仕掛けもエサも現地で買えますので、クーラーボックス以外はほぼ手ぶらでOKなところです!
準備が要らないって言うところは、入門者には優しいですよね^^

朝6時に開園ということでしたので、朝5時半ごろ現地入りしました。
しかし、その頃にはすでに長蛇の列ができていました!!

釣り人、恐るべし。
釣りという趣味は、朝起きるところから勝負が始まっていると感じましたね。

結果は釣れること優にイワシは100匹越え!!
そのほかサヨリが5匹、アジが2匹。
8人の団体で行ったのですが、朝6時から9時までの間の3時間でこの釣果は大満足、ていうか釣れすぎですね笑

文字通り入れ食いでしたので、小さいお子さんがいる場合でも楽しく釣ることができるかと思います。
実際、結構ファミリーのお客さんも多かったです。

詳しくは海釣り公園のWebページをご覧いただきたいですが、これからまだまだ釣りを楽しめるようです!
気楽に始めてみたいという方に非常におすすめな場所でしたので、ぜひ行ってみてください。
以上が友人の趣味に便乗してみて、新しいことにチャレンジした話でした。
ここからは私の趣味、料理のお話。
と言っても、具体的な料理ではなく、いかにイワシを捌くかを綴っておきます。

イワシはすぐに痛んでしまうお魚なので、釣ったその日できるだけ早くに捌いてあげることが重要です。
最低限、頭と内臓を取り出して、ジップロックか何かに入れて冷蔵庫で保管したいところです。
ただ今回の私たちのように、100匹とかで釣ってしまったときには調理するのも大変。
そこで釣り好きな友人から有効な技を聞いたのでご紹介します!!

が、画像で残すのを忘れてしまったので、言葉だけです。。orz

  1. イワシのうろこを落とす。
  2. イワシの首から中骨あたりまでを切る(首の皮一枚残すイメージ)。
  3. 頭を引き抜くと、内臓も一緒に取れる!!

どうでしょう、なんとか伝わりそうでしょうか(笑)
イワシの頭と内臓はつながっているので、中骨まで切ってあげれば、スルーっと抜くことができます。

通常の捌き方(頭を落としておなかに切れ目を入れて内臓を取り出す方法)よりも俄然早く捌くことができます!

イワシは非常に小さくて弱い魚ですから、素人には通常の魚の捌き方をやるのは難しいです。
でもこの方法なら簡単に捌けますので、ぜひ一度試してみてください!!

秋らしい天候になってきて、外で過ごすのも気持ち良い季節になって来ました。
朝が大変ですが、海で釣りって言うのもいいものですので、今度の休日にぜひ行ってみてはいかがでしょうか^^

 
スポンサードリンク
 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする