ロードバイクにビンディングペダルは必要か?

ロードバイクを始めて、早半年が過ぎました。
首都圏内のサイクリングコースを回ったり、幾つかの山を経験して、100km前後のサイクリングでは根を上げなくなってきました。

少しずつ慣れてきたところで、ロードバイクについてちょっとわかってきたことを書いてみます。
今回はロードバイクの周辺設備、それもビンディングシューズについて思いを書きます。

ロードバイクを始めるにあたって、結構長い事悩んだのがペダルです。
要は、ビンディングありかなしか。ありならばSPDかSPD-SLか、はたまたSpeedPlayのような本格仕様か。
これからロードバイクを始める人も、車種を選んだ後はここを悩むでしょう。
その時の、一つの意見として参考にしてもらえればと思います。

 
スポンサードリンク
 

ビンディングシューズは必要か?

私の結論からまず書きます。

レースに出るようなガチンコ勢以外、必要なし!

手軽にサイクリングコースを楽しみたい、自転車で小旅行がしたいと言った、いわば時間やルールに縛られたスタイルでないのであれば、引き足を使うほど辛くなることがないからです。
ちなみに私が普段一緒にロードバイクに乗るのは、同世代の30代男性たちで、彼らは皆ビンディングシューズを履いていますが、平坦で遅れをとることもなく、何なら山道は私の方が得意なくらいです。
従って、ビンディングシューズを履けばペダルが漕ぎやすい→早くなる、というわけではありません。

あとよくビンディングシューズなら滑らないです、とか言う場合がありますが、はっきり言ってフラットペダルにスニーカーでも滑りません!
滑って怖い思いをしたって人は、多分雨の日にでも乗った人でしょうが、手軽に楽しみたいというレベルであれば、そもそも雨の日は乗りませんのでご安心を笑

フラットであるメリットは足元の自由さにあり

ビンディングペダルにしてしまうと、シューズの選択肢もかなり狭まります。

その点、フラットペダルであれば、どんなシューズであっても乗れます。
ファッション的に考えると、お気に入りのスニーカーで乗りたいですよね。
通勤通学で使うなんて場合は、ビンディングシューズなんて特殊な靴を履いていくわけにはいきませんから、この時はフラット一択ですよね。

ファッションということ少し脱線すると、ロードバイクを乗るようになると、あのピッチピチのユニフォームに理解は生まれます。

理解は生まれますが・・・。

少し引いてみるとやっぱりあのユニフォームは一般人からすると、派手派手の全身タイツです笑

ランニングのスタイルはどんどんおしゃれでかっこよくなるのに、自転車はどうしても競技よりな部分が拭えず、おしゃれ感が出しづらいです。

もっとおしゃれに乗るためにも、フラットペダルで足元からおしゃれしていきましょう!

まとめ

今回はロードバイクにおけるビンディングシューズについて簡単に意見を書きました。
改めてですが、結論はフラットペダルに普段のスニーカーで十分に楽しめます。
強調させてもらうと、「あれば良い」というわけではなく「そんなもの必要ない」というのが持論です。

ま、これからレースとか出るようになったら意見が変わるかもしれません。
その時はその時の意見を書くことにしましょう笑

 
スポンサードリンク
   
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です