失敗しない牡蠣パスタの作り方

牡蠣パスタ

休日を有意義に過ごすために、ちょっとした工夫やすこーしだけ手を加えることでできること(モノ)をご紹介しているこのページです。

とはいえ、最近はパスタのことしか考えていません笑
料理に関しても、もっといろんなものを紹介したいし、休日に素敵な過ごし方を紹介していきたいと思っているのですが。。
寝ても覚めてもパスタパスタ。電車に乗っていても、和食を食べてる時でも美味しいパスタを作りたいなどと考えています。
幅が広すぎるこのパスタ作りの魅力にハマリっぱなしです。

ということですみません。
また料理、しかもパスタの話です。

最近は急に寒くなり、牡蠣が美味しい季節がやってきました。

生でもお鍋に入れてもフライにしても美味しい牡蠣は、もちろんパスタの具としても最高です!
スーパーで売ってる1パック300円のもの牡蠣でもパスタに入れれば豪華度が増すこと間違いなしです。

今回は、オイル系の牡蠣パスタをご紹介します。
しかも、ほとんど失敗する要素のない簡単おいしいレシピです!
あ、今回も乾麺で作ります。

私はまだ甘ちゃんなので、オイル系にあう生パスタがまだしっかり作れません。
なんといいますか、これは個人的な嗜好によるものではありますが、オイル系のパスタには生パスタのモチモチ感より乾麺のさらっと感の方が合っていると感じています。

材料(1人前)
1.6mmパスタ100g
オリーブオイル50g
白ワイン40g
レモン汁小さじ1杯
牡蠣1/2パック
水菜1束
にんにく1片
鷹の爪1つ
少々

 
スポンサードリンク
 

茹で用のお湯を沸かしたところからパスタ作りスタートです!

今回、にんにくはスライスでOKです。このにんにくを飾りにも使います。
プライパンにオリーブオイル、にんにく、唐辛子を入れ、超弱火でじわじわと香り付けします。

唐辛子にんにくオイル
その後、にんにくにこんがり色がついたらオイルから取り出し別のお皿に移しておきます。

次に水気を取った牡蠣をフライパンに入れます。
直後に白ワインも入れちゃいます。
この時、めっちゃはねますので注意してください!キッチンがとんでもないことになりますよ(笑)
すぐにフタをして、白ワインのアルコールを飛ばしつつ牡蠣を蒸し焼きにします。

牡蠣をワインで蒸す
ここで、牡蠣がふっくらしてきたらこちらもフライパンから取り上げて別皿に移しておきます。
あんまり火にかけすぎると小さくしぼんじゃいます。
牡蠣がしぼむと、見た目もテンションもガックリくるので、ここだけは細心の注意でやりましょう!

私はここら辺でパスタを投入します。
一方のフライパンは、白ワインや牡蠣から出た水で結構シャバシャバだと思います。
ここにレモン汁を入れて、少し煮詰めます。
こうすることで、旨みたっぷりなソースにすることが出来ます。

image

パスタが茹で上がったら、少量のゆで汁と水菜をフライパンに入れてよく絡めます。
水菜はシャキシャキが好みであれば、ここで入れずに盛り付け時に添えるのもありですね!

出来上がりはこんな感じ↓↓↓

牡蠣パスタ盛りつけ

オイル系とはいえ、牡蠣から出るクリーミーな旨みと白ワイン・レモン汁の酸味が相性バッチリ最高に美味しいパスタです。
友人が来た時のおもてなし料理なんかにも良いかなと思ってますので、ご参考になれば幸いです!!

 
スポンサードリンク
   
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です